ジョージ式英語とは

ジョージ式英語の本質は、英語の発想、英語の考え方を身に付け「英語で考える」能力を養っていくことです。
日本人の場合、特に全く異なる文法の言葉を置き換えることになるので、この英語で考える力を付けることでのみ、会話はもちろん速読、そして「英語で夢を見る」ことも可能になるのです。
ジョージ式英語は、そうした英語の本質を学ぶものなので、子供から大人や受験生など、あらゆる人たちに有効な方法なのです。

子供に対するジョージ式英語教育

子供は新しいことに対する好奇心と学ぶことに非常に貪欲です。
その点は大人と異なり、子供は関心のあるものに対して、自然に脳が情報をスポンジのごとく吸収し、自分で考え、言葉を意味のあるものにしようと整理することが出来ます。
英語習得による日本語能力への不安も指摘されますが、子供には双方をしっかりと区別・整理する能力が備わっており、むしろいい意味で相乗効果をもたらすことがわかってきています。
子供達に対するジョージ式英語では、幼年期に重要な6つの力「言葉」「感情表現」「身体発育」「数学的思考」「創造力」「科学する」をバランスよく養うための総合的カリキュラムを取り入れており、楽しみながら英語の能力を養っていきます。